イベント

【NY進出サポート】 八女茶PRイベント2020〈1日目〉日本茶バーで試飲会

NY 八女茶イベント

2020年2月10日、ニューヨーカーに日本茶はもちろん、韓国やインド、中国、台湾などの最高級茶を提供するバー「29b TEA HOUSE」で、福岡県八女市の特産品「八女茶」のPRイベント「YAME International Tea Session in NEWYORK 2020」を開催しました。

NY 八女茶イベント

チケット即完売 アメリカでの提供や販促の方法を探る

本イベントは、ニューヨークへの本格的な参入を目指す「八女伝統本玉露」「八女煎茶 」「八女ほうじ茶」の魅力をニューヨーカーに届けると共に、提供方法や販売促進の方法を探ることが目的。外国人に親しまれるようにと工夫を凝らした手法で入れた八女茶を味わってもらい、フィードバックを得ようという企画です。事前に販売した参加チケットは、八女茶4種類を味わい50ドルと高額なのにも関わらず、24席がすぐに完売する人気ぶりでした。

八女伝統本玉露

「八女伝統本玉露」は、味や香り、色艶、形状などによって審査される「全国茶品評会」の最高賞を19年連続で獲得。イベントではその製法やこだわりも解説しました

口に入れた瞬間目がキラリ! ニューヨーカー歓喜  

お茶を提供するのは、福岡から渡米した8人のプロフェッショナル。一滴だけを味わう「八女伝統本玉露 しずく茶」を筆頭に、「八女ほうじ茶 氷締め」「八女煎茶 スパークリング」「八女伝統本玉露の氷出し」を振る舞いました。参加者は「ほうじ茶ってこんなにすっきりとした味わいなのですね。食事にも合いそう」「煎茶の旨味の強さがすごい」など、歓喜の声が上がり、皆さん一杯一杯を丁寧に堪能されていました。
最後に「29b TEA HOUSE」のオーナー、ステファン・ラミレスさんが考案した八女伝統本玉露にジンをブレンドしたスペシャルカクテルと、チーズやサラミなどのおつまみを一緒に提供し、マリアージュも楽しんでもらいました。

NY 八女茶イベント
茶葉を初めて食べた方からは「美味しい!」と笑顔が飛び出しました

イベントを終えた、八女市役所・八女茶技術指導員の椎窓孝雄さんは「日本人よりも日本茶を愛し、熟知されている方も多数参加されていた。口に入れた瞬間に目が輝き、喜んでいただけていることが分かって嬉しかった」とお話しされていました。

NY 八女茶イベント
右が「29b TEA HOUSE」のオーナー、ステファン・ラミレスさん

RESOBOXは創業して以来、日本に特化した100以上のイベントをニューヨークで成功させてまいりました。これらの経験などで培った現地の企業やさまざまな分野の専門家との人脈を活かしながら、クライアント企業様の海外展開を長期的にサポートすることが可能です。相談やご依頼等はこちらより問い合わせください

2020年八女茶NYプロジェクト全体の概要はこちらの記事からご覧ください
昨年の様子はこちらからご覧いただけます
八女市役所 

コメントを残す

*