会社概要

NYが本社 現地での文化事業と
海外進出支援サービスを提供しています

株式会社RESOBOX(レゾボックス)は、米国ニューヨークに拠点を持ち、日本の文化を広げるギャラリーや文化教室、カフェなど経営する「文化事業/RESOBOX 」を主体に、米国への参入を目指す幅広い企業を対象にコンサルティングを行うサービス「米国進出支援事業 /RESOBOX CREATE」を展開しています。
社名は、日本文化と他文化が響き合い、新しいものを創出する場所にしたいという思いから「Resonate(共鳴する)」と「BOX(箱)」の二単語を組み合わせました。

「米国進出支援事業 /RESOBOX CREATE」では、クライアント企業様に寄り添った進出を目指し、コンサルティング、プランの立案、マーケティングリサーチ、ブランディング、営業代行などを行うほか、インバウンド対策のご相談にも対応しております。
弊社の特長は、文化事業で培った現地のネットワークを活用しながら米国進出支援を行えることです。また、ニューヨークに拠点を置いたことで、さまざまなプランを比較的低予算で実施できます。クライアント企業様の希望や進出段階に合わせ、今後に繋がる結果が得られるよう、柔軟なご提案を行っております。

RESOBOXの2つのカルチャースペース紹介

弊社はNY市内に2つのカルチャースペースを所有し、ギャラリーとして月替わりで異なる展覧会を実施したり、墨絵や生け花、舞踊などの文化教室を定期的に開催したりしています。また、それぞれが内容の異なるカフェやレストランでもあります。どのスペースも、99%以上の顧客は現地に住む非日本人です。

 01    |ロングアイランドシティ

150ヵ国以上の人が集う文化色鮮やかなエリアにあるRESOBOX1号店。日本文化にまつわるイベントを日々行い、これまでに100回以上開催した実績があります。さらに、展示会の会場やレストランとしても人気です。
<DATA>41-26 27th St, LIC, NY 11101
80平方メートル / 収容人数40名

 02   |イーストヴィレッジ店

ダウンタウンの東に位置し、ファッションの中心地Sohoや活気溢れるチャイナタウンが隣接。クリエイティブな文化が息づく地域です。若者やクリエーターらが多く来店するほか、けん玉や将棋など、日本文化に関わるさまざまな地元のコミュニティーが集う場所としても開放しております。
<DATA>91 East 3rd St,  New York, NY 10003
120平方メートル / 収容人数70名

代表挨拶

代表取締役の池澤崇です。RESOBOXは2011年にニューヨークでスタートし、日本文化を世界に広めるべく事業を展開してきました。タイムズスクエアより地下鉄にて15分の好立地にある店舗では墨絵、生け花、日本舞踊など10種類以上の日本文化クラスが毎週開かれているだけでなく、ダンス・音楽・試食会など多種様々な日本文化関連イベントが定期的に行われております。また、毎月変更されるギャラリー展示ではアートだけでなく日本の物産なども紹介され、ニューヨーカーが日本の最新情報に触れる貴重な場所として認識されてまいりました。日本食を提供するカフェ・レストランが併設されているため、一般的に顧客層が偏りがちな典型的な文化施設とは異なり気軽にお客様が入ってこられるのが特徴であり、現在では100名を越える方々(99%以上が非日本人)に日々弊社のサービスを楽しんで頂いております。
RESOBOXでは、日本から世界に飛び出してみたいという企業様を全面的にサポート致します。日本の商品に興味のあるエンドユーザーと密につながっているという強みを生かし、市場調査や戦略コンサルティングなど実態がはっきりと見えづらいサービスではなく、実際にニューヨーカーに直にお客様の商品をお見せし、そこで得られた生の声を取り込んだ実のある戦略を提案、かつお客様の手となり足となり実行していくことにより、御社の米国でのビジネス展開を正しい形に導くことができるのではと考えております。
RESOBOXのサービスを使う ことで、皆様の米国ビジネスに関する悩みや問題が少しでも減り、充実した結果を残せるようになれば、これほど嬉しいことはございません。

池澤崇 Takashi Ikezawa

1980年東京生まれ。慶應大学商学部卒業。在学中に世界20か国をバックパッカー旅行。富士山の登山ガイドを経て、2004年渡米、邦銀にて融資業務に携わる。退職後、ニューヨーク市立大学にてMBA取得。在学中にRESOBOXを立ち上げ、現在に至る。