イベント

【 NEWS】「ニューヨークけん玉オープン」を初開催!

 2018年8月18日、RESOBOX East Village (レゾボックス イーストビレッジ店)で「第1回 ニューヨークけん玉オープン」を開催しました。優勝者(上級者部門)には、10月26〜28日の3日間に掛けて開催されるアメリカ最大級のけん玉大会「ミネソタけん玉オープン」Sweets Kendamas主催)の参加権&往復航空チケットをご用意!「我こそは」と集まった20人がしのぎを削り、けん玉バトルを展開しました。

凄技の連続に、観衆も大興奮

 今回の参加者は10代から30代までの20名。初級、中級、上級の3部門での開催です。対戦方法は1対1のバトルスタイルを採用。課題の技を先に披露できた人が勝ち進む、トーナメント形式で優勝を争います。

 会場には50人の観衆が集まり大盛り上がり! 「レディーゴー!」という掛け声とともに、選手たちが全身を柔軟に使い、けん玉を自在に操っては凄技の数々を披露していきます。けん玉の糸の部分を持ち、空中で何度もビュンビュンと回転させて大皿部分でキャッチしたり、けんに玉がささっていない状態で糸を持ち、ヨーヨーのように回転させた後、玉の部分を手で持って、持ち手の部分と合体させたり…、驚きの早業が次々と登場。技が決まるたび、大きな歓声が上がり、興奮のあまり座って見ることができず立ち上がる人も続出しました。中でもヒートアップした上級者の決勝戦では、終了した瞬間、対戦した二人が抱き合い健闘を讃え合いました。 

優勝者はRESOBOXのコミュニティー参加者

 優勝者は、今年5月にRESOBOXで発足した「けん玉のコミュニティー」のメンバーでした。優勝して参加権利を勝ち取った「ミネソタけん玉オープン」では、今後に繋がるいい刺激を受けた様子です。

 ちなみに、世界中からプロのプレーヤーが集う「ミネソタけん玉オープン」で優勝したのは日本人。毎年日本で開催されている「けん玉ワールドカップ 2017大会」で、史上初の日本人チャンピオンに輝いた高校生プレーヤー金田奏さんだったそうです。

来年はさらに規模を拡大して開催予定!

 また、今回弊社で開催したNY大会には「KendamaUSA」(米国)や「Yumu Kendama 」(台湾)、「Sweets Kendamas」(米国)など、世界各国のけん玉メーカーなど13社がスポンサーに付いてくれました。来年は「第2回 ニューヨークけん玉オープン」を、規模を拡大して開催する予定です。

 RESOBOXでは、今後もNYでの「けん玉」普及に尽力していきます。「けん玉コミュニティー」のメンバーも、じわじわと増加中。毎月East Village店に集まって技を磨きあっていますよ。世界で大きなブームを起こしている日本の伝統文化「けん玉」。NYでの今後の展開も楽しみにしていてくださいね。

 RESOBOXは、NY市内に3つのスペースを持ち、文化教室やギャラリー、カフェを展開しています。今回の記事のように、ニューヨークで暮らす日本好きが集まり、語り合ったり情報交換したりする場も提供。けん玉以外にも、将棋や漫画・アニメーションなど、さまざまなコミュニティーが結成されています。

 また、現地で培った幅広いネットワークを駆使し、幅広い企業さまの米国進出支援も行っています。精度の高いマーケティング調査ができるほか、米国向けの商品開発なども可能。ビジネス、商品企画・製作、デザイン等、さまざまな専門知識を持つスタッフが在籍し、お客さまのニーズにお応えしています。

・興味がある方は、まずはご連絡下さい。https://resocreate.com/contact/
・過去開催のイベント一覧 https://resobox.com/event/
・KendamaUSA (ケンダマユーエスエー)  http://kendamausa.com
・Yumu Kendama http://www.yumukendama.com

・Sweets Kendamas(スイーツ ケンダマ)https://sweetskendamas.com/
・けん玉ワールドカップのページ https://www.gloken.net/jp/kwc/

コメントを残す

*

CAPTCHA